3月
12
  • 優しすぎる彼とのズレ・・・

    thumbnail

    「もうそろそろ、私たちはお仕舞いにしたほうが良いと思わない?」なんて、随分といやらしい聞き方をしたな~・・・と口にした瞬間反省しました。
    彼はただ黙って私の言葉を聞いていました。
    彼と私は交際が始まって2年と少し経ったところでした。
    優しくて、そして時に私のダメな部分を伝えてくれる彼。
    身体のこともいつも心配してくれていました。
    私も彼に対して、そうでありたいと思いましたし彼を見ていて学ぶものも沢山ありました。
    ただ、彼はその優しさを多く持ちすぎているからなのか誰にでも愛情を配ってしまうのです(汗)彼は「恋人は君だし、他に色目とかを使っているわけじゃないよ」と言うのですが、実際に勘違いをしている女性も多数居ました。
    その現状を見ても、何かを変えていこうとしない姿勢に腹も立ちましたし正直、ヤキモチで疲れてしまったというのもあります(苦笑)それらの説明をし終わった時、彼は「改める」とは言いませんでした。
    やはり愛情は多くの人に同じように与えたい人だったのかもしれません。
    そうして別れた私たち。
    一時期は彼さえ変ってくれていたなら・・・なんて思いを馳せることもありましたが暫く時が流れると「それでも私は幸せ者だったなあ」なんて思うようになりました。

    Reading More >>